7つの習慣 成功には原則があった!



この本を読むことは、あなたの人生における最高の冒険になるだろう。

・全世界で1500万部以上を記録し、日本でも100万部を突破
・英国エコノミスト誌が著書の「スティーブン・R・コヴィー博士」を
 「世界で最も影響力をもつ経営の思想家」と評価
・米タイムス誌が同氏を「全米トップ有力者の25人の2人」と考える
・世界でビジネス書の歴史NO.1を記録
・USA Todayがデールカーネギー以来の自己啓発論と絶賛
・韓国、中南米ではノンフィクション部門で歴史上の第1位
・全米トップ企業の80%が思想を導入
・New York Timesベストセラー260週連続登場

『7つの習慣』の原則は普遍的であり、ビジネスのみならず、家庭、人間関係など、私たちの人生におけるすべての大切な側面を取り上げており、激しい変化の時代に生きる人々に、充実した人間らしい生活を営む道を示しています。経営者からOLまで、大統領から主婦に至るまで、多くの方々がこの本のメッセージに感動し、生活における大きな変革を体験しています。

【推薦文】
■高野 登 「ザ・リッツ・カールトン・ホテル」日本支社長
『7つの習慣』は私の座右の書となり、人生の道標となっている。これほどに人間を深い慈愛に満ちた目で捉え、書かれた本を私は知らない。
■ケン・ブランチャード 「一分間マネジャー」著者
この一冊は、成功文献を集めた図書館ぐらいの価値がある。

■ウォレン・ベニス 「リーダース」著者
コヴィー博士は、人間の生き方について驚くべき本を執筆しました。この本を私はすべての知人にプレゼントすることにしました。

■宮井 仁之助 「社会経済生産性本部」理事長
日本の読者にとって自己革新のよき指針となろう。

■ブレイク・M・ローニー 「ニュー・スキン」社長・CEO
コヴィー博士は私たちの生活に成功をもたらす普遍的な真理を見事にこの本で表現している。

【著者コメント】
「私は1776年以降アメリカで出版された『成功』に関する文献をすべて読むことにした。自己改善や一般向けの心理学などに関する分野で、何百冊という本・記事・論文に目を通した。その結果、驚くべき傾向に気がついたのである。それはアメリカ合衆国の最初の150年の繁栄を支えた文献のほとんどは『成功の土台は人格である』としていることであった。この人格主義ともいえる文献の数々は、アメリカ人に誠実・謙遜・忠実・節制・勇気・正義・忍耐・勤勉などの黄金律を教えていた。ー中略ー 当初の成功文献と比較して次の50年間の執筆内容は薄っぺらなものといえる。それは社会的イメージづくり・テクニック・応急処置的な手法に集中しているのである。これらの問題解決策は人格主義によるものではなく、個性主義といえるものである。それによれば、成功は公のイメージ・態度・行動・人間関係をスムーズに進めるためのスキルに起因するとしている。それらのスキルが大切でないと言っているのではないが、それらはあくまでも二次的なものである。行動の裏に深いレベルで誠実と廉潔がなければ人生の大きなチャレンジに直面したとき、必ず真の動機が表面化し、短期的な成功の代わりに人間関係の決裂が生じるのである。ー中略ー 自分自身を変えるプロセスを始めるにあたり焦ってはいけない。これは決して応急処置ではない。しかし、それでも直ぐに現れてくる結果が必ずある。このプロセスを最後まで見届ける忍耐があれば、十二分にその価値を知るであろう。」

posted by オフィス亀松亭  at 18:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 成功BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。